休み時間なのに?

小学校 コメントは受け付けていません

子どもたちの通っている小学校では、冬に持久走大会があります。

昼休みや2時間目と3時間目の間の長休みまで練習をして、校庭を何周走ったかを持久走カードに記して、クラス全員で目標の周数を超えると遊びの時間がもらえるそうで、結構子どもたちは燃えていました。

目の前の人参に弱い子どもたち…(笑)

持久走カードには朝の体温を測って記すことになっていて、これを書き忘れると練習ができないそうです。

「練習できない子はどうするの?」と聞いたら。

「図書室で自学!」 

えっ? もともと休み時間なのに勉強させられるの?

はぁ~ 勉強を罰として使っているんですね。

それは子どもたち、勉強嫌いになるはずです。

そもそも、休み時間の持久走練習だって、先生が声をかけることがあってもいいと思いますが、全員参加が ”義務” というのは、休み時間の使い方としては疑問です。

”義務” になると楽しめなくなりますからね。

やっぱり学校の感覚って違うなぁと思いました。




皆さんのお子さんの学校であった、”ココが変だよ” の出来事を教えてください。

投稿はこちらから:投稿フォーム

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

作成者

ページトップへ戻る