お手伝いの宿題

小学校 コメントは受け付けていません

次男が1年生~2年生の頃、宿題で「お手伝いカード」というものが出ました。

音読カードの後ろに、毎日のお手伝いの内容を書くというもの。

子どもが家の手伝いをすることは大事です。

我が家でもできることをしてもらっています。

でも、それを宿題にするのはおかしいと思いました。

子どもたちは普段の生活の中で、普通に家の手伝いをしているのに、それが宿題になり、その内容を毎日書かなければならないとなると、「義務」になり、宿題だからお手伝いをしなくちゃ!とおかしなことになりました。

折角子どもたちが自分からやってくれる家事の手伝いが、やらなきゃいけないものになってしまうのですから、正直余計なお世話だと思いました。

普段から家の手伝いをさせない家というのもあるでしょうから、先生の意図するところもわかるのですが、それなら「お手伝いの大切さ」を親向けにお手紙でも書いてくれればいいのにと思いました。

何でも「義務」になると嫌々感、やらされ感がでるものですからね。





皆さんのお子さんの学校であった、”ココが変だよ” の出来事を教えてください。

投稿はこちらから:投稿フォーム

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

作成者

ページトップへ戻る