カバンが重い、10㎏以上もざら

カバンが重い、10㎏以上もざら

中学校 コメントは受け付けていません

小学生で5kg~6kgの荷物は普通、中学生ではサブバックを入れると10kgを超えることも珍しくありません。

成長期の子どもたちに体重の20%~30%もの重さのカバンを背負わせるというのは、どう考えてもプラスではありません。

背骨が歪んでしまう、肩にコブが出来てしまう、腰痛、膝の痛み、直接の因果関係は証明されないにしても、影響を与えていないと考える方が難しいでしょう。

この問題は全国的に問題視されていましたが、中学生が作った動画が広まったり、「置き勉」を打ち出す学校が出てきたり、少しずつ変わってきているようですが・・・。

 





そんななか、文部科学省の「置き勉」を認める通知が2018年9月に出されたとのニュースが・・・。

しかし、結局今までも置き勉OKだったワーク類が正式に置き勉OKになった+技術や保健体育などの教科はOKになった程度の改善で終わるという残念な結果に。

教科書とノートは必ず持ち帰り、ワークはその日に復習しようと思ったら、結局持ち帰らないといけないので、重さは10~20%減といったところでしょうか。

10kgの荷物が8~9㎏に。

まぁ多少マシ程度ですね。





皆さんのお子さんの学校であった、”ココが変だよ” の出来事を教えてください。

投稿はこちらから:投稿フォーム

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

作成者

ページトップへ戻る